ヒールを履いて立ち仕事するのが辛い…足の負担を減らすキャバヒール選びのポイントを紹介

ヒールの高いキャバヒールを履いたままの立ち仕事は、足に大きな負担がかかります。
痛みやむくみを我慢しながら仕事をするのは大変でしょう。
キャバヒールを履いて仕事をする際に、足への負担を減らす対策法を紹介します。


つま先の形とキャバヒールのつま先デザインを合わせる

キャバヒールのつま先のデザインは、つま先のフォルムが丸みを帯びている「ラウンドトゥ」やアーモンドのようにほっそりとした「アーモンドトゥ」、四角い形の「スクエアトゥ」などさまざまな種類があります。


自分のつま先の形をよく見て選ばないと、しっかりフィットせず痛くなってしまうため気を付けましょう。



BENEDETTA パンプス/3276


ビジューが贅沢に散りばめられ美しく輝くパンプスです。
ヒールにもビジューを施し靴底は鮮やかな赤で彩って、どこから見ても美しいデザインにこだわっています。


つま先部分が空いたオープントゥデザインで抜け感を演出します。





柔らかい素材を使ったキャバヒールを選ぶ

長時間の立ち仕事は足のむくみの原因になり夕方になるとパンパンになってしまいます。
足のむくみを防ぎたい場合は、パンプスに使われている素材にこだわってみましょう。


キャバヒールに使われている生地は「本革」と「合皮」がほとんどです。
加工方法と仕上げ方法によって「スムース」「スエード」「エナメル」に分けられます。


エナメル素材のキャバヒールはあまり柔軟性が感じられないので、立ち仕事が多い場合は脚が痛くなってしまう可能性があります。


一方、本革のキャバヒールは、最初はきついと感じるかもしれませんが、履いているうちに足の形状に馴染んできます。
長時間キャバヒールを履く場合は、エナメルよりも本革を選ぶことをおすすめします。



BENEDETTA パンプス/3256


足首を支えるストラップにはキラキラと輝くチャームを飾り、靴底は赤色に染色しインパクトを与え印象に残る美しいデザインです。


ヒールも個性的なデザインで360度どこから見てもおしゃれなパンプスです。





インソールでサポートする

足の負担を減らすには、インソールを活用してサポートするというのも1つの方法です。


インソールは、クッション素材を使い衝撃を吸収してくれるものや、足裏に合わせたパットが付いているものなど、さまざまな種類があります。


インソールの中には、「かかと用」や「つま先用」などの部分的にサポートするものもあります。


かかと用は、靴擦れや痛みを防いだり、靴のサイズが大きくてパカパカするのを改善したりするのに役立ちます。
つま先用は、足先の滑りや痛みを緩和する効果があります。


簡単に装着できるものや目立ちにくいものなど使い心地にもこだわっているので、足の悩みで困っている時はぜひインソールを利用してみてください。


足の負担を減らしてキャバヒールを履きこなそう!

足の負担を軽減するキャバヒール選びのポイントを紹介しました。カラーやデザインも大切ですが、実際に履いてみたら足が痛くなってしまった…ということもあります。素材やつま先部分の形状などをしっかり確認して選びましょう。




関連ページ

関連キーワード

営業日カレンダー

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※青色の日は発送業務のみご対応、赤色の日はお問合せ・メール対応・発送等はお休みとなります。

QRコード

QR
※スマートフォンはこちらのQRコードからアクセスして下さい。

公式SNS

LINEのお友達になると500円OFFクーポンをプレゼント!



公式インスタグラム フォロー大歓迎♪



メルマガ最新情報を配信中!
ページTOPへ
トップへ